キン肉マン・スーパーフェニックス

王位争奪編に登場した「運命の子」の一人で
キン肉マン最後の敵。
あらゆる面でキン肉マンを凌駕したが
火事場のクソ力とカメハメ直伝の52のサブミッション
を得たキン肉マンにはかなわず。
ニセ王子の証である心臓の病もあって最後は絶命
したが、キン肉マンのフェイス・フラッシュで生き返る。

フェニックスは、子供心にとにかく「カッコいい!」と
思っていたので、よく描きました。
しかしよく描いたのは顔ばかり。アタルの時の
マスクのデザイン同様、体のラインデザインまでは
全然覚えていませんでした。

フェニックスは・・・最後の最後という事もあって
設定などはかなり無茶苦茶に・・・。
とにかく後半は「どちらが本物の王子なのか?」で
盛り上げるために色々とドラマティックに演出
されていました。フェニックスは幼少時代から
超人的な頭脳で(まぁ超人なんですけど)、
特待生として王立の幼稚園へ入学。その際に
幼いキン肉マンとも出会っています。
そしてキン肉マンはその直後に地球にブタと
間違えられて捨てられていますが、その時5歳。
でも1巻のミートくんの説明では、キン肉マンは
捨てられた際には生まれたばかりで、
よだれかけにおしゃぶりと完全に赤ん坊でした。
まぁ・・・元々ギャグ漫画だったんだからドラマティックに
演出すること自体、無理があるってもんですが。
ちなみにフェニックスはオーストラリアの出身だそうで。
・・・・・・・・・キン肉星ちゃうんかい!