ネプチューンマン

タッグトーナメント編でのラスボスで
マグネットパワーを利用した技で
時間さえも戻せる完璧超人。

小さい頃にもそれなりに描いたキャラ
ですが、なぜなら特徴が覚えやすかったから。
シンプルなデザインのマスク、長髪、ヒゲ
そして割れたアゴ。これで誰が描いても
ある程度はネプチューンマンになります(笑)。
キン肉マンのキャラを管理人が描く上で
鬼門となるのが「鼻がないキャラ」。
ネプの場合、マスクで隠れているだけ
なので何とかなりました。
それでもマスク部分がアッサリしているので
ちょっと演出を加えてみました。

ネプチューンマンは・・・段々とイメージが
崩れていったキャラです。
最初の完璧超人の首領としての登場当初は
威厳たっぷりな感じでしたが、出てくる技が
どんどんムチャクチャになり、しまいにゃ
突然のネプチューンキングの登場ですっかり
手下キャラに。王位争奪編では随分と出遅れて
U世ではセイウチン調教中は優雅にギターを
弾く始末。よく分からんオッサンです。